採用情報

社員インタビュー

保守運用グループプログラマー

日々成長するMakeShopの根幹を担う開発チームにおいて、数名在籍している女性プログラマーのひとり。
男性が多い開発チームのなか、女性ならではの細かな視点や柔軟な発想で意見を交わすことも多いとのこと。プライベートでは、出産、育休期間を経て、現在は働くママとして活躍しています。

社員インタビューInterview
  • 1

    ⼊社した理由

    メイクショップに入社する前は、受託型の開発をしていました。
    自社サービスの開発をしたいという気持ちが強く、すばやい独自開発で続々と機能をリリースしていくMakeShopにとても興味がありました。当時からEC市場自体、急激に成長していましたし、その業界でぜひ働きたいと思っていました。
  • 2

    仕事の⾯⽩さ・醍醐味

    自分がプログラムした機能が、22,000店舗を越えるショップ様に反映され、また実際にご利用いただけているのは、開発者としては、とても魅力的でメイクショップで働く大きな醍醐味だと思います。

    すべてのショップ様により使いやすく、より効果的な機能をと常に考え、業務にあたっていますが、必ずしもすべてのショップ様に喜んでいただけるわけではありません。
    時には厳しい言葉をいただくこともありますが、それでも、対応を心待ちにされていたショップ様からの感謝の言葉や新機能によって「業務効率が改善された、売上が伸びた!」といったショップ様の声をいただくと、本当に嬉しく思います。
  • 3

    メイクショップならではの魅⼒

    いわゆる受託業務のような、依頼されたものをそのまま作るということではなく、開発者もショップ様や購入者の視点や提案力をもって開発にあたっています。
    さらに、自らがやりたいという意欲があれば、企画から関わることも可能で、実際に開発から提案した機能が実装されたケースも数多くあります。
    また、サーバー、ネットワークなど多ジャンルにわたり、プロジェクト単位で全て各担当が行うよう一任されるため、一部に限定した知識だけでなく幅広い知識を身につけることができます。
  • 4

    部署内の雰囲気

    いつもは個人個人の空気感を大事にしている開発メンバーですが、ときには結束してひとつの目的に一枚岩となって業務にあたることもあります。
    メンバー同士は、仲が良いこともあってか、立場や年齢に関係なく思ったことや意見を自由に楽しんで発言できる雰囲気です。勉強会を行うこともあり、切磋琢磨して各々のスキルを高めあうこともできる環境ですね。
  • 5

    これから⼊社される⽅に向けて

    これから入社される方に向けてメイクショップでは、自ら率先して動ける人がとても重宝されます。
    任される仕事だけでなく、自ら提案し、自ら仕事を作っていくような人は、とても向いてると思います。

社員インタビュー

GMOメイクショップの雰囲気や仕事内容など、実際に働いている社員の⽣の声をご紹介いたします。